M&Aに依頼するメリットとは|後継者問題を解決

早めに相談しよう

男女

企業買収を経営戦略に取り入れて、大きく成長した会社は少なくありません。企業買収を一朝一夕にできるものではないので、少しでも関心を持ったら、M&Aの仲介会社や付き合いのある金融機関に早めに相談するとよいです。

資本主義に欠かせない行為

ハンドシェイク

m&aというのは合併と買収するという意味です。m&aをしようとしている会社のトップまずは良い仲介者を選定することが大事です。大企業ではもちろんのこと中小企業でも最近m&aを行うことが盛んに行われるようになりました。

社会問題が解決できます

ビル

少し前までは、企業買収というと、大企業や投資ファンドが行う経済行為という印象が強かったですが、最近では、事業承継問題を解決する手段としても注目されています。ここ数年で認知度も上がり、件数もかなり伸びてきました。

なんのために行うのか

オフィス

種類によって違う利点

M&A(エムアンドエー)は、Mergers(合併) and Acquisitions(買収)の略のことで、要は2つ以上の企業が1つになることを意味します。M&Aを行う理由はさまざまですが、いずれにしても企業を発展させるため、または存続させるために行われます。譲渡する側、つまり買収される側のM&Aのメリットは、事業を続ける、企業を存続させる、社員の雇用を守る、創業者としての利潤確保や個人保証の解除などです。事業を続けたり企業を存続させるというのは、いわゆる後継者問題が理由となるケースがほとんどです。特に中小零細企業においては社長の個人的な努力によって成り立っているところが多く、その後継者を選ぶのがもっとも難しいものです。このため引退を理由に廃業してしまう企業も多くありますが、その場合には社員の雇用が守れませんし、会社を清算してしまうと税金の負担が大きく創業者として得られる対価が少なくなってしまいます。しかし一方でM&Aによって買収してもらうことで、買収先が適切な後継者を選んでくれますし、社員の雇用も守られます。また合併では清算ではなく株式譲渡などで行われるので税負担も少ないメリットがあり、創業者として得られる対価も最大限にすることができます。ただこのようなM&Aのメリットを享受するには、企業や事業が上手くいっていることが前提です。また買収先によっては資産だけを目当てに行うところもあるため、適切な仲介業者を選ぶ必要があります。その参考として口コミサイトを見てみるのもいいでしょう。