M&Aに依頼するメリットとは|後継者問題を解決

早めに相談しよう

男女

今、経営戦略として企業買収を検討する経営者が増えています。企業買収を検討するきっかけは様々です。例えば、同業者を買収してシェアを拡大したり、未開拓エリアへの進出だったり、成熟産業からの他分野へ進出して新たな成長分野を取り込んだりする場合など、色々な理由で企業買収が行われます。上場企業の中には、衰退産業からの脱皮を図るべく、企業買収により医療分野に進出し、既存技術を医療分野に応用することで、大きく成長している会社もあります。また、あるメーカーは同業の小規模企業を次々に買収し、買収した企業の技術を他に転用することで新たな製品を生み出し、売り上げを伸ばしています。このように企業買収は企業の危機を救ったり、売り上げを大きく伸ばしていくために必要な手段となっています。最近では、中小零細企業のM&Aを仲介する会社もいくつかあり、このような会社が中小零細企業の経営者にM&Aを広めています。そのおかげで、自社を売るイコール身売り、というイメージがなくなってきており、譲渡を希望する中小零細企業も増えています。もしも、今後の成長が描けていないようであれば、企業買収を検討してみるのも1つの方法です。なお、企業買収は短期間で行えるようなものではありません。ゆっくりと時間をかけて、候補先を1社ずつきちんと調べたうえで行うべきものです。少しでも企業買収に関心を持ったら、M&Aの仲介会社や付き合いのある金融機関に相談してみましょう。