M&Aに依頼するメリットとは|後継者問題を解決

社会問題が解決できます

ビル

企業買収という言葉を新聞やテレビのニュースで見かけることが多くなってきました。企業買収というと、大企業や投資ファンドが行っている特別な行為と捉える人も多いです。しかし、最近では、中小零細企業でも企業買収は当たり前に行われるようになってきています。企業買収とは、買い手が自社に不足している経営資源を補ったり、自社が保有している経営資源と相乗効果を発揮させたりするために行う経営戦略上の行為です。この基本的な効果の他に、最近では売り手側の問題も大きく関わるようになってきました。その問題とは、事業承継です。中小零細企業の中には、次期代表者をなかなか決められないケースも少なからずあります。子供がついでくれない事例もあるかもしれません。もしくは生え抜きの中に適任者がいなかったりして、創業者や社長が高齢でも現役として代表者を続けていることがあります。今までついてきた従業員の事を考えると会社を廃業させることもできないわけです。このような会社にとっては、従業員を含め、まるごと買い取ってくれる会社は救世主のようなものなのです。このメリットに気づき、会社を売却したいと考える経営者が増えているのです。大きな会社に買収してもらえば、後継者の心配をすることもありません。今や企業買収が社会問題の解決になっているともいえるのです。小さな会社の中にオンリーワンの技術やナンバーワンの製品を保有しているところも少なくありません。このような会社を買収できれば、買い手側にも大きなメリットになるのです。